FC2ブログ


東方神起ソウルコン ”ライブ編”

Category: 東方神起  


 






ライブ編。


これから書く事は、私の目線と私の心が感じた感想です。
私なりの言葉で書きます。

だから、ふーん・・・そんな風に感じたんだねって。
軽く受け止めてください。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






地下鉄でオリンピック公園まで移動しました。




夕方になり、乾いた冷たい風が吹く中・・・会場へ近付く。
NEC_0115.jpg 



ズンズンズン・・・近付くと・・・
NEC_0116.jpg 
盛った頭の2人がお出迎え









こっちでもあっちでも・・・
NEC_0117.jpg 
盛った頭の2人がお出迎え











グッズは長蛇の列で、最初から並ぶのを諦めた私達は・・・
結局何もゲット出来ず(笑)

でもいいんです。


寒くて寒くて・・・
ホットコーヒーが飲みたくて、確かに「HOT」のボタンを押したのに。

出て来たのは無情にも凍ったような冷たさの缶コーヒー(笑)

「ひぇぇぇぇ」と叫びながら、再チャレンジで隣の「HOT」のボタンを押す。

そして出て来たのは、またも凍った冷たさの缶。

「ひぇぇぇぇ!」


でもいいんです。

(T▽T)










私の席は、スタンド着席指定席でした。

花道が、グッとスタンドの中に伸びている所があるのですが・・・
そのほぼ正面。

隣のパンダさんが、「ヤバイ・・・プレミアム席より近い・・・」
と震えたほど近かったです。

でも私達は、近いとか遠いとか・・・そんな事はどうでも良かった。

ほんとです。








2人が4年ぶりに立ったステージ。
73859_469003083142531_854178695_n.jpg 
凄く凄く・・・神聖な場所でした。




ひと言で表せと言われたら・・・ 「神聖」。


迷わずそう答えます。





決して完璧なステージじゃなかった。

演出の不手際が何度もあったし、その度にヒヤヒヤして。

それが韓国と言えばそれまでですが・・・
客席からフラッシュが何度も光って、それがちょっと気になったりもした。


でもですね。

神聖だったんです。







最初からブッ飛ばしのセトリ。
558923_469010759808430_1721644832_n.jpg 
のけぞりました。




「ええぇぇぇっ!?」

と驚いて、何度も叫びました。





「えっ?・・・歌うの?」



声に出してたと思います。




「えっ・・・?えーっ・・・?」



そうやって、何度も声に出してたと思います。



まさか、聴けるとは思わなかった歌が何曲もありました。


その度にのけぞりました。





2人が、最初から最後まで


カシちゃん達に

「ありがとう」 って。


ずっとそう歌っているように、聴こえました。




そこに足を踏み入れてはいけない様な・・・
そんな気さえしました。







もちろん最初から、「お邪魔します」・・・そんな感覚で参戦しましたよ。


決してビギである事をアピールせず、
「お邪魔しますね、カシちゃん」
そんな気持ちで席に座りました。



それでも、カシちゃん達と東方神起の絆に圧倒されました。








スタンド席には、サプライズのサイリウムライトが置いてあったのですが・・・
SSCN4798.jpg 




日本人にも分かるように、日本語でも説明してありました。

    
   ↓


IMG_0001.jpg 




私はこのサプライズを勘違いしていて、
少し失敗した所があるのですが・・・




途中でふと気が付くと・・・
casiopeia_20121122014102.jpg
いつの間にか自分が、この”CASSIOPEIA”の文字の一部になっていました。






感動・・・したんだけど・・・
それ以上に、ただただ申し訳なかったです(T T)

私はビギなのに、CASSIOPEIAの一部になってる。

ほんとはそんな事思わなくていいんでしょうけどね。

説明書に日本語で書いてある訳ですから、
ビギがたくさん来てる事は想定内のはずです。

ビギだろうがカシちゃんだろうが、
そんな事は関係なく・・・ただ彼らに一緒に愛を伝える。

その気持ちだけでいいんでしょうけどね。

実際、TONEツアーにもカシちゃん達たくさん来てた訳だし


でも、本当に申し訳ないって気持ちが正直なところでした。






ソウルコンに参戦出来て・・・
色んな意味で本当に良かったと思っています。


彼らのカシちゃん達に対する深い愛を感じる事が出来たし、
逆にカシちゃん達の熱い愛も感じる事が出来た。





そして何より、




私達が、Bigeast が・・・


どれだけ恵まれているかがわかった。



彼らがどれだけのものを、どれだけの努力をして、
日本で見せて(魅せて)くれているのかが・・・

痛いほどわかった。


そこに、私は泣けました。





韓国の東方神起が好きな人。

日本の東方神起が好きな人。

どっちも同じくらいに好きな人。


それぞれ、たくさんの「好き」があると思います。





私は・・・


どっちが好きですか?って聞かれたら
即答は出来ません。


でも、私は日本人です。

Bigeast です。

私には私のやるべき事がある。

Bigeast として、守るべきものと守ってやるべきものがあるって・・・
そう強く感じました。



決して誤解して欲しくないのですが、
どっちがいいとか悪いとか。
上とか下とかじゃない。



私の中で、今のところ


TONEツアーを超えるものはない。


そう強く感じました。


ドームツアーがそれを超えたらいいな^^



今も繰り返し、TONEライブの音源を聴いていますが・・・

本当に魂を感じるんです。


どれだけ本気で、どれだけ死ぬ気でステージに立っていたか。
凄く伝わってくるんです。

だから、何度聴いても泣ける。

震える。




あ;

決してTONEツアーの感想を書いてるんじゃないです。
すみません;







ユノとチャンミンが・・・
日本であれだけ頑張るのならば。

それならば、私は少しでもその土台を作る一部でありたい。

いつ日本に来ても、気持ち良く仕事が出来るように。
日本で安心して仕事が出来るように。
日本の現場で、堂々としていられるように。

その土台を作る一部でありたい。

そこを守るのが、Bigeast の使命であり・・・
これから私のするべき事なんだと、改めて確信しました。


使命って言ってもね。
そんな大袈裟な事じゃないんです^^

福岡の片隅に住んでるただのファン。

そんな私の力なんて微々たるものだし、
出来る事なんて限られてます。


ただ・・・
ちゃんと公式の物を買い、
きちんとマナーを守る。

基本はそこ。


エ●ベに金が流れるなんてイヤー!とか、
そりゃ~思いますよ。
悔しいですよ。

でも、なんやかんや言うて・・・
結局そこが一番大事なんです。


東方神起が載った雑誌の部数が動く。
東方神起が出た映画、舞台の観客動員数が動く。
チケットが売れる。
CDが売れる。
DVDが売れる。
カレンダーが売れる。
グッズが売れる。

単純な事ですが、そういう事がとっても大事だと思います。


東方神起のファンは、すこぶるマナーがいい!
これも大事(^-^)


彼らが安心して堂々と活動するのに大事な土台は、
そんな単純なモノの積み重ねから作られるものだと思います。



お金をどこにどう使うか?
そんな話はいやらしくも聞こえますが、大事な事です。

少なくとも、私はそう思います。


自分の欲しい物に使うのは、第一前提ですけどね(笑)

彼らの仕事に繋がる所に使う。
彼らの「次」に繋がる所に使う。

そんな使い方をしていきたいです。



「永遠に・・・」なんて言われたら、頑張るしかないですもん。

彼らが頑張るのなら、私達も頑張るしかないです。



2年の空白が、いつ来るのか分からないけれど。
そんなに遠い話じゃないはずです。

その間も、ちゃんと守るべき土台を守って待つ。

ただ・・・じっと待つだけじゃダメかなぁって。


ちょっとちょっとー!
ヤバイよ!
あのしと達、本気で待ってるよ。
2人が帰ってきたら、とにかく急いで一線に立たせないと・・・
そうじゃないと、あのしと達・・・本気で怒るよ!


そう思わせてやる!


誰に



エ●ベに









韓国のカシちゃん達も、きっと同じ気持ちだと思います。

カシちゃん達はカシちゃん達のやり方で。
私達は私達のやり方で。

韓国での活動を、韓国での土台をカシちゃん達が守って。
日本での活動を、日本での土台をビギスト達が守る。

そんな双方の力が合わさって、
自然に彼らの「次」に繋がっていくのが理想だなぁ。




もしまた韓国でライブがあったら・・・どうする?

そんな話を少ししました。


今はまだ分かりません。


でもきっとまた・・・韓国の彼らにも会いたくなるのかな。

あの「神聖」な場所に、少しだけお邪魔したくなるのかなぁ。。。


その時になってみないと・・・まだ分かりません。






今回ソウルコンに行く事が出来て、
本当に良かったです。


素直にライブを楽しんだ事と、

これからの自分の立ち位置を再確認出来た事。


それがとっても良かった。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






これですね。

19日の夜の画像です。
SSCN4800.jpg 
2日経っても、暗闇の中でまだぼんやりと光ってました。


そのほのかな灯りが、とても綺麗でした。




「ソウルコン、行けて幸せだったなぁ・・・」

しみじみとそう思い出させてくれました。


(T T)







今回・・・こんな風に感じた事で、
私の周りの環境が少し変わるかも知れない。

でも私の本質は変わらないし、応援する気持ちもずっと一緒。


それだけは変わりようがないです。



これからも・・・頑張ります。


(^-^)





 2012_11_22


kayomin@なう

チカラもらえた( ; _ ; )ありがとう

Profile

kayomin

Author:kayomin
TOHOSHINKI are Yunho&Changmin!!
We are T!!

noyakim's novel

noyakim_

Instagram

メッセージを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QR

QR

検索フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P