最後の最高の夜

Category: 東方神起  


 
ビギイベ in 横アリ。
5日夜の部。

イッてきました。

ほんとにイッたの( pq)

うるさい




衣装もレゴも見る事が出来ました。

チャンミンさん、何のアピールなのか知りませんが(笑)
立派に主張していたアレも確認しました。
ゆきちゃんと2人で大笑い(>▽<)


ミンのあの性格・・・私大好きです。











私はソウルコンは行きませんので、
この夜が今年最後の東方神起でした。

相方ゆきちゃんと2人。

日の暮れた横アリ周囲を歩きながら、
のんびりと色んな事を話しました。

__ 3








その散歩の途中、偶然に遭遇したムソクトラック。

ms1.jpg


サクッと撮影。


ms2.jpg












そして時間通りに会場内へ。

ドキドキしながら発券した座席は、センター席の某所でした。

私は横アリは初めてでしたので、
それがどんな席なのか分かりません。


ゆきちゃんが、
普通の会場で言うアリーナ席だよ、と。

埋もれるかも知れないけどいいよね♪・・と中に入りました。












座席に着いてビックリ!((((;゚Д゚)))))))






ここでした。
ピンクで塗っている2連番が私達の席。

深夜につき、汚い絵と字でごめんなさい;
__ (4)

花道の真横。
センター席ですので、少し見上げる感じです。
隣にお1人様のユノペンさんが居るだけで、青色で塗っている3席は空席。
その事については、また後で書きますね。






とりあえず、この席である事を知って・・・
思考回路止まりましたです。












ちょっ・・・ここ・・・花道だよね・・・?
((((;゚Д゚)))))))










2人とも挙動不審です。






それでも不思議とですね・・・
心はすぐに落ち着きました。


キャーキャー!
ヤッター!
ラッキー!


とかじゃなくて、なんだろなぁ。

しみじみと・・・有難いなぁ( pq)という気持ちの方が大きかったです。





今年もほんとに一途に頑張った。
たくさんたくさん頑張った。


今年最後のユノとチャンミンに、
ここで会っていいよ・・・


神様が最後に、ちょっとだけおまけしてくれたのかな。

そんな風に有難いなぁーって、
しみじみとしながら席に座って、"その時"を待っていました。





セトリを全く知らないで行った私達は、


何を歌ってくれるのかな?
楽しみだね。
最後にここで会えるなんて・・幸せだよね。


そんな事を話していました。







いよいよ会場が暗くなり、
スクリーンに映像が流れ始めました。

これまでのライブのダイジェスト映像。
それを見ただけで涙腺やばい。。。

いや、ほんとに。
今年も東方神起とビギは頑張ったよ。
頑張った頑張った!
2014年も素晴らしい年だったよ。
うんうん。

ウルウル。。。








映像が終わると、バックステージの方から大きな歓声が上がりました。

振り返るとトロッコに乗った2人が左右に分かれて、
ゆっくりメインステまで移動して来ます。



私達は右端の席でしたので、
この花道はユノが通りました。









((((;゚Д゚)))))))
((((;゚Д゚)))))))




ゆきちゃんと私はこんな状態。










近っ!

つか、目の前













ユノは王様。

王子じゃなく、王様。

まさに王様の堂々たる風格。



ゆっくりと手を振りながら、
ファンの顔をじっと見て少し微笑んで。
何度もうんうん・・・って頷いてる。


こっちにゆっくり近付いてくる時は、
アリーナ&スタンド席の方に手を振っていたユノ。

でも私達の目の前に来た瞬間、
突然こっちを向きました。

明らかにユノペンだと分かる服を着ていたゆきちゃん。

ユノはすぐに気付きました。
うんうん・・・とゆっくり頷いてくれましたよ。


ちょうど、こんな顔で上から。

yunho1.jpg






ゆきちゃん、昇天(笑)











TREEツアーの広島の記事の時も書きましたが、
ユノは本当にファンの事をよく見ていますね。

もちろんチャンミンも見ているんですけど、
ユノとは少し違うのね。


ユノの瞬発力は凄い。

瞬間瞬時に何かを見つける・・・
動物的直感って言うのでしょうか。

何かそんなものをすごく感じます。


ミッションの探し物はなかなか見つけられないくせに(笑)









ファンミの内容はたくさんレポが上がっているようだし、
(私はレポは下手くそなので)
脳内に残っている記憶を箇条書きで。




・ネックピローの事を、ずっと「ネッピクロー!ネッピクロー!」と叫んでいた(ユノ)
・ナマのイチゴ、誰か持ってませんか?ナマですよ、ナマ!」(チャンミン)
・レインコートを探しているのに普通のコートを差し出すビギ。
 「こっれは!ふっちゅーのコートですよっ!
  レインコートじゃなっいですよっ!」と怒っていた(ユノ)
・「ビール飲みたいですけど、ビールはいらないです!」(チャンミン)
・エプロンをチャンミンに着せてあげた。
 首の後ろを結んであげようとしたのに、照れくさいチャンミンから断られてた(ユノ)
・クジを引く時、自分のクジを掴んだチャンミンの手を掴むユノ(チャンミン)
・次々に食材を差し出すアシスタントユノに、
 「わ~よく見つけましたねぇ!・・・置いて」
 「それ?ん~・・・置いて」と、何度も萌え声で「置いて」を連発(チャンミン)
・ヒョンに「成長したね・・・」←ぼそっと呟く(チャンミン)
・大縄跳びで失敗したビギに対して、
 「アイゴォォォォォーーーーッ!!」と叫ぶ←かなり大声(チャンミン)
・「ゴキブリ、大嫌いです」(チャンミン)














自分の参加した回は、
どうしても"ひいき目"な感想になってしまうのですが・・・

すごーく温かい雰囲気に包まれた回でしたよ。
マナーも良かった。

ビギ代表でミッションに参加した方も素敵な方達でした。

大縄跳びのコーナーでは、ご夫婦が選ばれていました。
(旦那さん→ユノペン、奥さん→チャミペン)



そのご夫婦に食いつく2人が面白かったです^^



2人が何の絵を描いているか当てるコーナーでは、
選ばれた方達の勘がとにかく冴えていました。



選ばれた緊張と、時間をカウントされるプレッシャーの中、
あの絵心満載の難解な絵を、よくスラスラと正解出来たなぁと思います。

愛ですね~❤


ミッションが全部クリアしたのは、
横アリ5日の夜の部が初めてだったそうですね。

ビギも嬉しかったし、2人もとても嬉しそうでした。







ユノが宝探しミッション(借り物ミッション)の時、
横の花道をゆっくり歩きながら探しに来たのですけど・・・



お題に基づいた品物を差し出すビギ達とのやり取り。

信じられないくらいの近さでのやり取りでした。


でもユノがあまりに普通に接するものだから、
皆さんも笑いながら、普通に接していたように見えました。

私の目に入った限りでは、
立ち上がってユノに触れたり、
パニックになって騒いでいる人は居なかったように思います。

(相変わらず他グループのグッズを持ち込んでアピールしている人はいましたけど;)




チャンミンの方は遠かったから、実は見てません。
ユノが近くに居る時は、私はユノしか見ませんから。

ミン側がどうだったのかは分かりませんが、
彼の状況もきっと同じいい雰囲気だったと信じています(^-^)







ただ、さっきの話の続き。

青色で塗っている、空席についての話です。



__ (4)

この3席。
なんと最後まで空席でした;

この空席のおかげでね。
視界が開けて遮るものが何もなくて、
それはある意味ラッキーだったのかも知れないですけど・・・

ユノの目線がすぐに来たのも、
私達の前が完全に開けていたからかも知れません。

ただ、最後まで空席なのはやはり残念でした。

お1人様ユノペンさんも含め、
私達・・・途中で絶対に誰かが来られると思ってた。

ご自分や家族が急病だったり、急用だったり。
人にはそれぞれ、たくさんの事情があります。
全員がそこに無事に辿り着ける訳ではありません。
それはよく理解しています。

でも、やっぱり残念だったなぁ。。。

当選出来なくて、この場所に来る事が出来なかったビギもいるんです。
天井席でも、最後まで大きな声援を送っているビギもいた。

そして何より、この空席を彼らに見せたくなかったです( pq)

まぁね。
あの2人はそんな事情もあんな事情も。
何もかも分かっていると思いますよ。
私ごときが心配する事でもないです。

ただ目立つ席だっただけにね。
それだけが残念だったかな。

仕方ないんですけどね(^-^)











さて!

気を取り直して、いよいよ最後のミッション。
楽しみに楽しみにしていた歌!








これはもう・・・あの・・・
衝撃的サプライズとしか言いようがないです(笑)










あの独特のイントロが聴こえてきた時、













は?












固まりましたよね・・・;













まさかのスパスタ!









どうしてこれを歌う( pq)


5曲しか歌わないのに、その1曲になぜこれを歌う( pq)









いつも話すんです。






ねぇ?

スパスタって、誰が好きなのかな?
誰が歌いたがってるのかな?





ユノ?
チャンミン?

どっちかが、スパスタ歌いたいですって言うのかな?





それともSAMさん?




俺、スパスタ好きなんだよね~
やっぱ外せないよね~スパスタ。
盛り上がるし。


とでも言うのかな?









それとも







李さんか
林さんの提案か?




誰だよ









いったい誰が、スパスタを歌わせる?







分からん・・・;










でもそんな衝撃的サプライズに負ける訳にはいきません。





いいよ、いいよ!


歌っちゃっても・・・










eeey-oh!









全力で叫びました( pq)













でもその後、衝撃をちゃんと払拭(←コラ)してくれましたね。



大好きなSweat。



カッコいいよね~この曲!


ユノの決め顔(ドヤ顔)、ミンの狙い顔(エロ顔)。
”魅せ場”、たくさんあるでしょ。
色気のある曲だと思います。


そしてmiss you。

ここでまた、ユノがゆっくりと花道を歌いながら歩いてくれました。

またこの距離でのユノ。
もう・・・贅沢過ぎて倒れそうでした。



そして Time Works Wonders


これはナマ歌、非常に良かったです!

もちろん今回は生演奏じゃないオケですけど・・・

それでも声はナマだから。

2人の掛け合いがすごーーく良かった。
CDで聴くよりすごく良かったです。




最初のチャンミンの


うぉぉーーうぉ~


この低い声、たまりませんでした。

もちろん後半のハイトーンボイスもたまらん!


ファルセットも綺麗でしたよ。
大丈夫!

きっと来年のライブでは、
ふくちょーさんや柿やんの生演奏をバックに、
もっとさらに進化した Time Works Wonders を聴かせてくれるはずです。
非常に楽しみな一曲です。








そしてそして・・・最後のMCでチャンミンが、

クリスマスに皆さんに逢えないじゃないですか。

だからプレゼントをします。




そう言って歌ってくれた曲。



White




感動した。

とにかく詞が好き。
詞が大好き。




わぁぁぁ~ Whiteだ!
一足早いクリスマスプレゼントだ!

って喜んで聴いていたら・・・




2番に入った時だったかな。

↑私この時、スクリーン見てた




花道側の席に立っていたゆきちゃんが、












チャンミン!!
来る!!








そう叫んで、私の腕を引っぱりました。












え?
え?







驚いている私と急いで席を入れ替わってくれて、
慌てて後ろを見ると・・・

チャンミンがゆっくりこっちに歩いて来ます。







ひぃぃぃぃ;;;
どうしよう;;;







キョドっている私に、
一番端っこにいた、お1人様ユノペンさん。














チャミペンさん?







と私に尋ねてくださいました。






はいっ・・と返事をした瞬間、
ぐいっと私を引っぱって、
これまた急いで席を入れ替わってくださいました。

なんて優しいの( pq)










私、一番端っこです。

横向きだけど最前列です。







足がガクガク震えました。

チャンミンはこちら側の花道は歩かないと思っていたので・・・
何の心の準備もしていませんでした。






ゆっくりと近づいてきても、
声ひとつ出ません。





出ないよ、声。
出る訳がない。
( pq)





背後でお1人様ユノペンさんとゆきちゃんが、
一生懸命「チャンミーン!!」と叫んでくれているのが聞こえました。






もう毎度のことなので、読むのも飽き飽きでしょうけど・・・



やっぱり涙が出ました。







ポロポロじゃないです。
潤んだ程度。

じーん・・・(T T)





目の前に来たチャンミンを、
ただただ見るだけしか出来ない。

見るだけしか出来ないんだから、
涙で曇ったらもったいないんだけど
どうしても潤んじゃったなぁ・・・
















ごめんなさい。



ユノが大好きだけど・・・

あんなに近くで会えて、
何度も「ユノー!ユノー!」って呼んで、
ほんとにユノが大好きなんだけど・・・













最後のこの一瞬で、















全部持ってかれた(T T)


















私の今年最後のチャンミンは・・・




汗だくで襟足くるんして、
キラキラした笑顔でWhiteを歌うチャンミンでした。





changmin smt2012


いつまでも 君の愛にくるまって
夢を見たいと 本気で思ったんだ














全部持ってかれました(T T)






















神様。
素晴らしい夜を、ありがとうございました。


そして、ゆきちゃん。
お1人様ユノペンさん。

優しい気持ちをありがとうございました。




また頑張ろう。
ちゃんと頑張ろう。

そう思いました。




悪かったところ、いっぱい反省して・・・
それをちゃんと修正して。

また毎日を頑張りたいと、そう思いました。













今年最後の最高の夜。



・・・幸せでした。











そして皆さんにも、それぞれ最高のドラマがあったはず。

そんな皆さんにも・・・たくさんの幸せが訪れますように❤











最後まで読んでくださって・・・ありがとうございました。





kayomin(^-^)





















 2014_11_07


kayomin@なう

チカラもらえた( ; _ ; )ありがとう

Profile

kayomin

Author:kayomin
TOHOSHINKI are Yunho&Changmin!!
We are T!!

noyakim's novel

noyakim_

Instagram

メッセージを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QR

QR

検索フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P