FC2ブログ


ファンミン

Category: 東方神起  


 
11月23日(土)

さいたまスーパーアリーナ

THE MISSION Ⅱ

行ってまいりました。






東京までの機内放送は
Very Merry Xmas
機内BGM
すゲイ♡






もうですね~
とにかく楽しかったです!(≧∇≦)


この日は朝から、とにかく楽しい1日でした。



完璧だったの (つД`)ノ
最高だったの (つД`)ノ



え?

何が完璧で最高だったかって?



そりゃ、もちろん・・・








1度も間違わずに
目的地へ辿りついたこと




ワタクシをよくご存知の方は
これがいかに凄いことか、よくお分かりになるはずです







待ち合わせ場所まで、一回も迷うことなく…
サクサクと着いてしまいました*\(^o^)/*スッゲー



この日の私の隣人は、重さの管理に長けてる人←




まるで子どもに語りかけるように、
あなたはおっしゃったのよ・・・




身分証明書は持ちましたか?
会員証は持ちましたか?
その番号は当選している番号ですか?
駅名が違っているようですが、大丈夫ですか?
○○駅ではありません。
正しくは○○駅です。

山の手線外回りに乗ったら進行方向に向かって、
1番後ろの車両に乗ってください。
駅に着いたらすぐにある階段を、下におりてください。
出たらすぐ向かいにあるのが○○ビルです。
そこに入ってオ○ッコしてください。
そして5階の○○に行ってください。
そこで待っていてください。




・・・(^∇^)




前日から当日まで、実に見事なナビでした。

その教えに忠実に歩いただけなのに・・・
ちゃんと5階の○○に着いていたんです!

普通は着くんだよ








無事、待ち合わせも成功!

我々独自のMISSIONも成功!

コスパサイコの南イタリアンを食することにも成功!

昼間のビールは最高!







清川あさみさんの「男糸」展も最高!
男糸チラシ





コスパサイコの南イタリアンの店から、
徒歩圏内だった男糸(DANSHI)展。


私が行きたいと言うたら、
テクテク歩いて連れていってくださいました。

「おとこいとてんに行きたい」とほざいていた事は内緒






入口までは、撮影可能でしたよ
男糸入口



こういう時に改めて・・・


男糸NAME
「東方神起」って素晴らしい名前だと気づく。



俳優さんやシンガー、著名人。
たくさんの男子モデル(中にはオッサンもいた)がズラリ。


ひと針、ひと針。

よく存じませんが、清川さんは下絵とか描かないのですか?


ブスブスッと潔く刺してある針の跡。

女性らしく繊細なんだけど、
どこか男らしい迷いのない大胆さ。

ごく近くで目を凝らして見る糸と、
遠くから離れて見る糸の色が違って見えるのも面白かった。



ぐるっと歩いて、いよいよ・・・





東方神起!
ホミン男糸
風神雷神!



まさかの見過ごしで、
え~?無いじゃん!・・・とほざいていた事も内緒。




圧巻 のひと言。

美しかった!


ワタクシ、このミンの表情がたまらなく好きなんですね・・・



ユノの手も指もとても綺麗で、
2人のいいところが全て出てるよねぇ〜♡と、うっとり。





(ここでちょっと私信です)

y…kaさん♪
教えていただいていた部分のところ。
しっかり確認してきました(^.^)

確かにおっしゃる通り…
その通りでしたね。


そして。

あれこそ、リアルですよ。
物を創るって、ああいう事なんだと思います。


私は逆に、あれでリアル感増したっていうか…
2枚目とかレプリカがない、オンリーワンなんだって気がしました。

貴重なこと、教えてくださってありがとうございました♪



(私信終わり、失礼しました)




東方神起、風神雷神。

まさか実物を見る事が出来るなんて思ってませんでしたので、
行けて良かった、嬉しかったです。

連れてってくれて、どうもありがとう♪










たっぷり渋谷を堪能したあと、
ようやくたまアリまで移動しました。







「今日は・・・近くで会いたい!」



隣人の願い事でした。

私も同じ気持ちでした。



ドキドキしながら、
発券されたチケットを見ても・・・


「???」


2人ともちんぷんかんぷん。


○○レベルとも、アリーナとも書いてない。
全くどこだか分からない席。

こりゃ入ってみないと分からないね〜って、
何かそれで気持ちが落ち着いちゃって。

そこからは、のんびり座ってお喋りしながら開場時間を待ちました。




そして会場に入って、謎の席が判明。

隣人の願い事が叶った・・・とだけ言っておきます。







久々に会ったミンさんは、

とびきりのいい男でした。


キラッキラしてたからね、あのしと







隣人の興奮がここから始まる。



ミンが近づいてくるたびに・・・





なんであんなに
イイ男なんですかっ


チャンミン様っ





なんかそのような呼び方を、
やたら連呼してたよね・・・キミ。

(>▽<)www



実はこの日まで、割と静かに会うんだなぁ・・・
という印象の彼女だったのですが・・・


そんなことはなかったです。
一変しました。


もう大笑いです。


ファンミであんなに大爆笑するとは思わなかった。

ほんとに腹の底から笑ったんです。

周りの人達も笑ってた。

笑っただけです
決して迷惑はかけてません



それくらい、隣人の弾け具合が面白かった。

いいもの見せてもらいました♡

いや、ほんとに楽しかった。






↓ここからは、ほんの少しだけネタバレ含みます。

まだ神戸ファンミ終わってませんから。

絶対にヤダヨーって方は、
ここで引き返してくださいね。





………………………………………………………










Winter Rose



やっとナマで聴けました(T_T)

ずっとずっと聴きたかった。

本当に聴きたかった。

最初は何の曲か分からなくて…

私は気づくの遅い方です


イントロの途中で


ほわぁぁぁ!!


と驚きました。


歌うこと全く知らなかったので、
驚いたと同時に本当に嬉しかった。



短いバージョンでしたけど、それでも満足です。

またいつの日か…大満足バージョンが聴けるであろうと信じてます。





Very Merry Xmasへ続くあいだ…



空からの贈りもの、 "雪" が2人を包んでいるようで
ファンミたまアリ
綺麗でした





君がいればそれでいい…つってね( ; ; )

ほんとにそうだよね…つってね( ; ; )







そして、サプライズのように流れたMV。


カップリング曲のWhite。


このMVがたまらん魅力なのですが、
私はとにかく歌詞がズギュンときました。


ちょうど最近の脳みそが、
クリスマスのシーンを描いている事が多くて。

まさにその世界を体感しているような、そんな歌詞です。

一言一句、聞き逃さないよう…じっと集中して聴きました。

(ヨダレ垂らして無言でガン見しました・・・とも言う)






そして。


キーンコーンカーン


と歌ったミンソロ。

コラ



途中、咳込んでしまって苦しそうで上手く歌えませんでした。

ケホッ…ケホッ…って、顔を横向けて何とかしようとしてましたが、
結局一小節ぐらい歌えなかったと思います。


「咳が少し残念でした・・・」

歌い終わった後、苦笑いしながらそう言いました。



少し残念な僕・・・なんて、ほんとは見せたくないでしょう。

そんなところを見せる為に、彼は日々頑張ってる訳じゃない。


でも私にとっては、その残念さも含めてチャンミン。

間違ったり、
つまずいたり、
失敗したり。


ほんとは見て欲しくないであろう姿の彼を見た時・・・

さらに好きになってしまいます。


ごめんね、そんなとこを好きだと言って



でもそれこそ、リアルなんです。

リアルミン




完璧でかっこいい姿ももちろんですが、

時々ふっと思い出し、脳裏をかすめるのは・・・

実はそんな失敗してる時の姿だったりします。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






23日、夜の部。



開場が大幅に遅れてしまって、
30分遅れで始まりました。

なかなか中に入れなくて、
凄くヤキモキしましたが、それでも30分しか遅れさせない。
ビギ達もパニックを起こさない。

皆、不安にかられながらもじっと待ってた。



帰りの飛行機に間に合うかなぁ?と心配でしたが、
途中退場することもなく、最後まで2人を見る事が出来ました。


駅まで走るのはいつものこと。

終わってしまえば、全てが笑い話のいい思い出になります。



こっちの空港に着いて。

駐車場まで歩いて。

深夜の空を見上げたら、
この夜も月がぼんやりと浮かんでいました。



ライブにしても、ファンミにしても。

彼らに会おうと頑張っている時、その前後に何かしらドラマがあります。


嬉しかったり
悔しかったり
悲しい時もあったかな




”何のために、そうまでして会いに行くの”


そう聞かれても、
自分でもよく分からない。



でも、明確な答えとかなくていい。

ただ会いたいから・・・だけでいい。





まさに、青春そのもの






そんな事を思いながら、

あの夜会えた事、幸せだった一日。


全てのことに感謝します。






kayomin










 2013_11_29


kayomin@なう

チカラもらえた( ; _ ; )ありがとう

Profile

kayomin

Author:kayomin
TOHOSHINKI are Yunho&Changmin!!
We are T!!

noyakim's novel

noyakim_

Instagram

メッセージを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QR

QR

検索フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P