イイ夜

Category: 東方神起  


 











とってもイイ夜でした。
(^-^)


久しぶりに、どっぷりテレビの前に座りました。

テレビ見ながら、あんなに緊張したのも久しぶり。








歩いて来た姿を見た瞬間…
image_20130309114059.jpg
吐きそうになった
((((;゚Д゚)))))))









最近ちょっと気になる…
桃李くんと一緒に いやモモだけにww
image_20130309114030.jpg








難しい単語や発音をスラスラ〜と喋り…
笑いまで取りました
image_20130309114031.jpg

その笑いの後ろに隠れた、彼の並々ならぬ努力を思うと…
やっぱり涙が出ました。












人が頑張るのは、結果を求めるからで…
そこには義務感さえ生まれる。


でも楽しむことがとても大切で。


楽しむことで緊張感を抑え、
自分の力を発揮する。



そこにやがて使命感が生まれる。


その気持ちで生きていくことが大切。








すごーく心に響いた本の言葉です。


これを読んだ時、すぐにユノとチャンミンの顔が浮かびました。







オリコンで1位を取って。

記録的な数字を出して。

本当に素晴らしい結果でした。



東方さんも凄いけど、
ビギも凄いよ。

あの露出の少なかったアルバムプロモの中での
この結果ですから。

素晴らしいと思います。



日本で彼らが堂々と仕事が出来る土台。

知名度。
注目度。
そして、何より売り上げ。


作品作りにお金をかけてもらえて、
事務所に大切にされる。


そんな土台をきちんと作って、
そして維持し続ける事がとても大事だって…
ずーーっと思ってます。


日本の芸能界には、
"長い目で見続ける力"
"長いスパンで捉える力"
そんなものがあるって、信じてます。

信じてますよ、エイベさん


今も、そしてこれからの東方さんに必要なのは、
そんな強靭な土台なんだって…
ずーーっと思ってます。



ま、これに対しては色んな意見があるでしょうけどね。
個人的な1人の考え方だと思ってください。









ちょっと話飛びましたが…σ(^_^;)



昨日は最後までチャンネル変えることなく、
じっと集中して授賞式を見てました。

ミン、ちょこちょこワイプに抜かれたり…
画面の隅っこに映りこんでたり。

結構、見る事が出来ましたね(^-^)

でも集中してたのはそんな事じゃなくて。


他の俳優さん達の表情や
映画のストーリー。

そして、何よりスクリーンの中の演技とか…風景。
そんなものに見入ってしまいました。


私、少し酔っぱらってたんですけどね(笑)

頭グラグラさせながら見てましたよ。



圧巻だったのは、やはり樹木希林さん。

凄い存在力。

画面からもそれが伝わるんだから、
同じ空間にいるチャンミンには
もっと強烈に伝わってるんだろうなぁって思いました。


樹木希林さんの、授与された時の表情が良かったですね。

あんなにヤル気のない様な毒舌なのに…
表情はキラキラしてた。
目がキラキラしてた。

ああ、あんな達観した人でも
やっぱり純粋に嬉しいんだなぁって…
なんか凄く感動しました。


阿部寛さんの表情にもグッときた。

東日本大震災の事にも少し触れてらっしゃいましたが…
楽しんで頑張った…みたいな事をおっしゃってました。

短い言葉の裏にある、隠れた努力ですね…
それを凄く感じました。


賞を取るために頑張ってる訳なんてないでしょうけど…
モノを作るからには、どこかで結果を求めてるのは事実だろうし。

それが、さらにより良いものを作ろうとする、
モチベーションに繋がってるんだろうし。


皆さんが本気で頑張ってるのを知って、
ものすごーーくイイ気分になりました。


チャンミンがいなかったら。
モモがいなかったら。

こんなにじっくりと授賞式なんて見る事なかった。


そういった意味でも、感謝します。


ほんとに…イイ夜でした。









ミンの目には、どんな風に映ったかな。

またここに立ちたいって、思ってくれたでしょうか…


(^-^)














 2013_03_09


kayomin@なう

チカラもらえた( ; _ ; )ありがとう

Profile

kayomin

Author:kayomin
TOHOSHINKI are Yunho&Changmin!!
We are T!!

noyakim's novel

noyakim_

Instagram

メッセージを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QR

QR

検索フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P